子供がなかなかできない時はどうする?

様々な不妊治療法
今の日本では夫婦の6組に1組が不妊治療をしていると言われています。
芸能人でも不妊治療をカミングアウトしている人が最近増えてますね。
彼らのおかげで不妊治療を話題にしやすい環境になりましたね。

 

有名なところだと授かった赤ちゃんがダウン症かもしれないとブログで発信してしまい議論を巻き起こした東尾理子さん、K-1選手の魔裟斗さんの奥さまの矢沢心さん、森三中の大島さん、無精子症であると告白したダイアモンドユカイさん等々本当に沢山の方が不妊治療を経て赤ちゃんを授かっています。

 

不妊治療には女性の排卵のタイミングに合わせて性交渉をするタイミング療法、精子を子宮内に注入する人工授精、卵子と精子を体外で受精させ、子宮内に戻す体外受精と実に様々あります。

 

 

費用はどのくらいかかる?

 

一般的にはタイミング療法から始めて、何回か試してみて結果が出なかったら次の治療へとステップアップしていくようです。
治療がステップアップしていくほど医療の力に頼ることになり、かかる費用も増えていきます。タイミング療法、人工授精の一部では保険が効くので費用は安いのですが、体外受精になると全て自費で払わなければいけないので、1回の治療で最低でも30万円ほどかかるそうです。

 

1回の治療で妊娠すれば良いのですが、治療を何回も重ねたり、より評判の良い病院に通ったりするとさらに費用はかかり、300万円以上かかったという場合もあります。
各都道府県で助成金を出しているのですが、それでもかなりの出費を覚悟しないといけません。

 

高度な技術を使った体外受精でさえ、妊娠する確率は20〜30%と言われています。
不妊治療は女性が頻繁に通院しないといけない為、仕事を持つ女性は仕事を辞めて治療に臨む場合もあります。
不妊治療で出費がかさむ上に、仕事を辞めたことで収入も減るという苦しい状況になりますね。

 

子供が産まれたら教育費などさらに出費が増えるので、できるだけ不妊治療にお金を使うことは避けたいですね。

 

それにはまずは自分たちで子どもができる環境を整えて、不妊治療が最小限で済むようにするのが賢明です。

 

男性は精力増強して性交渉をする回数を増やすことや、精子の量や運動率を上げることが大事です。